【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「とある高校に潜り込んでハーレムを作ろうとしていた淫魔さんを説得して、新生ラブリン
   事務所に勧誘出来ました!」


  シナリオ『同情誘いの淫魔』

ギィ「MSさんにとっても、この展開は想定外だったみたいっすね」
アリス「人類が存在する限りダークネスが生まれるのは避けられないから、将来共存出来る道
   を模索するのも大事よね」

紅緋「でもやっぱり、話が通じる相手っていうのが大事ですね。淫魔のナツミさんは、打算で
   かもしれないですけど、私たちの言葉を聞いてくれましたし」

ギィ「そっすね。ある程度共存出来るダークネスも確かにいるっす。反面、絶対放置しちゃいけ
   ない連中がいるっすよ。今日のリベレイター照射投票で決まった奴らみたいに」

アリス「5回目のサイキック・リベレイター照射先は、六六六人衆+アンブレイカブル連合。これ
   から教室に並ぶだろう依頼も、ハードなものが予想されるわ」

紅緋「人殺しと戦闘狂。最悪な組み合わせです。事前にしっかり灼滅していかないと」
ギィ「ま、自分らはカンストするんで、上限解除するまでは応援っすね。皆頑張れー」
2017.06.13 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1367-4677e0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)