【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「日本とEUが、ワインやチーズの関税についての協議を始めてるっす。順調にいけば、
   EU内で生産されたワインは、将来関税無しで日本に入ってきやす」


  『日欧EPA交渉 ワイン関税撤廃で調整 EU産、数年かけ』(毎日新聞 2017年05月17日付)

アリス「関税撤廃は既定路線で、あとはいつそれをするかの条件交渉って感じかしら。これで、
   日本でもフランスワインが安く飲める?」

ギィ「そう考えるのは安直っすよ。現在EPAを結んでいないEU産ワインにかかる関税は、輸入
   価格の15%または1リットルあたり125円のいずれか低い方っす。この程度の関税で
   価格が左右されるのは、AOP認証を受けてないテーブルワイン。そしてフランスは、
   この価格帯を主戦場にしてやせん」

紅緋「フランスのワインは高いですもんね。5000円台で100円ちょっと安くなったからって、
   お得感はあまりないなぁ」

ギィ「ええ、このレベルでライバルたるチリワインと競り合うのは、イタリアやスペインっす。両国
   とも千円未満のワインが得意っすね。もちろんサッシカイアやバローロのような額が段
   違いのワインもあるんすけど」

アリス「その価格帯の国にとってこそ、恩恵があると」
ギィ「今やコンビニを席巻する500円未満のワンコインワインは、ほぼ間違いなくチリワイン
   っす。欧州産は、関税分を抑えてまでは進出出来なかった。それが、日欧EPAでチリと
   対等に戦えるリングに上がれるようになるっす」

紅緋「欧連は、2019年での関税撤廃を求めてきてますね。あと2年。本朝は、TPPの発効
   から8年後まで先送りしたがってますが」

ギィ「イタリア・スペインにとっては、少しでも早く関税を取っ払ってほしいでやしょうからね。
   日本がカウンターで出してきてるカードは、酪農業への影響が大きいチーズの関税
   維持っす。ワインのためなら、チーズに手を付けずに行く可能性もあるっす」

アリス「ふむ、日本ワインへの影響はどうかしら?」
ギィ「多少の淘汰はあるでやしょうが、大抵のワイナリーはワンコインの価格帯を戦場にして
   やせん。それに観光客のご当地土産としての需要は侮れないっす。何より、しっかり
   したワイナリーは、関税に保護されるまでもない競争力を持ってやす」

アリス「甲州種にマスカット・ベ-リーA種。他に各国で作られてるワイン用品種もあり、と」
ギィ「まあ、関税が撤廃されても、賑やかになるのはワンコインの世界だけだと思うっすよ」
2017.06.17 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1369-f3e2cb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)