【Alice & Guy & Benihi】
アリス「昨日に続いて、お茶の話よ。ただし、今日のは深刻」
紅緋「ダージリン地方で紛争ですか……。アリスさん、ダージリンお好きですもんねぇ」

  『ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ』(2017年07月04日付 AFP通信)

アリス「見出しの9割減っていうのは今年の6月だけの話だけど、このままじゃ、ダージリンの
   主力セカンドフラッシュに影響が出るのは避けられないわ。ダージリンに限っては、去年
   のものを使えばいいでは済まされないの」

ギィ「古ければ古いほどいいワインとは、そこが決定的に違うっすねぇ」
アリス「茶葉は、時間の経過で傷んでいくばかりだから。問題の根っこは、茶園労働を担う
   ネパール系ゴルカ人の子弟が通う学校で、ベンガル語の履修が義務づけられたことに
   よるのね。それをネパール文化を抹殺してベンガル人の文化を押しつけようとする動き
   だとして、ベンガル人中心の州政府と対立、紛争状態に陥ったと」

紅緋「多民族国家の統治は大変です。少数民族への配慮を怠ると、民族独自の主張がすぐに
   紛争に直結する」

アリス「紅茶の産地は、多かれ少なかれ、民族紛争を抱えているのだけれどね。セイロンも
   LTTEタミル・イーラム解放のトラを抱えているし、ケニアも内戦国家ソマリアと隣接しているわ」

紅緋「輸入元が不安定なら、和紅茶を増産しましょう!」
アリス「和紅茶のほっこりした味わいは好きだけど、それ一辺倒っていうのも楽しくないわ。
   各地のお茶を色々楽しみたい。そんな私からすると、今回の紛争はいただけない。茶園
   の放棄は、今後数年間は悪影響を引きずるって話だし」

ギィ「ゴルカ人の自治領『ゴルカランド』は実現するんでやしょうか?」
アリス「どうかしらね? 一つの民族に自治権を認めたら、次は自分達だっていう少数民族が
   いそうだし、簡単に認められるとは思えない。何と言っても、19世紀からずっと続いて
   きた問題だから」

紅緋「年季が入ってますね」
アリス「筋金入りよ。これからダージリンティの値段はどうなるかしら?」
2017.08.04 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1393-1708f3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)