【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「ただいまー」
アルフ「ケニアから帰ってきました」
アーティ「よう、お帰り。無事に勝てたようで何よりだ」
アルフ「競技はすごくハードでしたけどね!」
連「《蠍》さんもやってくればよかったのに」
アーティ「いやいや、俺は観戦組だよ。メディアで流す以上、視聴者も必要だろ?」
アルフ「視聴者なら、全世界にいますから!」
連「あんまりクールぶってても、ただのサボりとやってることは変わらないわよ」
アーティ「それで結構。面倒ごとは嫌いでな」
アルフ「開き直った」
アーティ「それで、手土産なんかはないのか?」
連「自分からいうなんて図々しい。はい、お土産のコーヒー」
アーティ「酒じゃないのか。ま、仕方ない。これで手を打とう」
アルフ「そういえば、次は浴衣コンテストだって唐突に決まりましたね」
連「そうね。参加の余裕はないけど……。皆も戸惑ってたみたい」
アーティ「ドリームイーターの精霊馬なんてのも湧いてでたぞ。日本文化が好きな奴が放った
   のかねぇ?」

アルフ「まあ、デウスエクスも季節ものは好きですからね。どこかしらが何かしらやってくる
   かと」

連「これ、何かの事件の始まりかな?」
アルフ「どうでしょうね? あとにならないと分からないですよ」
2017.08.13 Sun l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1395-e5ff6a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)