【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「六六六人衆と爵位級ヴァンプの同盟を進めた立役者、学園の裏切り者を灼滅する暗殺
   計画、無事成功っす。ただ、助けたかったあきらは救えず、まだ『“戦神”アポリア』の
   ままっすね」


  シナリオ『右九兵衛暗殺計画~欺き、曝かれず』

アリス「他の闇堕ち組と違ってまだ生きてるんでしょ。それなら最後まで諦めない」
紅緋「きっと戦争で出てきます。その時がラストチャンスですよ」
ギィ「そうっすね。希望は捨てずに前に進むっす」
アリス「さて、暗殺計画が上手くいったお陰で、次の段階、黄金闘技場強襲作戦に進めることに
   なったわ」

紅緋「基本的には蠱毒の応用でしょうね、これ。勝者は敗者の力を吸収し、それを続けて最後
   に残った相手とジークフリート大老が戦い、勝って更なる力を付けるか、破れて勝者の
   糧になるか。大老は多分、勝者が生まれるならそれは自分でなくてもいいと思っていま
   すよ」

アリス「そこまで強さを求めてどうするんだか。幸い、黄金闘技場には、かのジークフリート
   大老の他に六六六人衆序列第六位ランキングマンと、これまでずっと私たちを引っかき
   回してくれたミスター宍戸が雁首揃えるわ。彼らの元に向かうのは精鋭部隊だけど、
   その決戦を有利にするための黄金闘技場襲撃作戦になら、私たちも参加出来る」

ギィ「うちはクラブで方針決めて動こうと思うっすよ」
紅緋「私はシャドウ残党ですね。シャドウハンターとして、きちんと片はつけないと」
アリス「私は、そうねぇ。主人と相談してからになるけど、ランキングマンが作る十の密室の
   六番目『父母を敬え』かな。十八歳以下の子の戦闘力が落ちるところだから、私たち
   には丁度いいわ」

ギィ「これが片付いたら、いよいよ戦争っぽいっすね」
紅緋「ああ、もう。武者震いがしてきますよ」
アリス「落ち着いて。いつも通りにやればすむ話よ。さあ、邪悪なダークネス筆頭に報いを与え
   に行きましょう」
2017.08.31 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1399-2ecdc28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)