【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「戦争に合わせてか、学園レベルが上がりましたねぇ」
ギィ「黄金闘技場の返却時に上限アップがなかったんで、今回はカンスト解除無しかと思って
   たっすけど、甘かったっす」

アリス「戦争なんてあれば、上限が上がらないわけがないでしょうに」
ギィ「それでも、一縷の望みにかけたくなるじゃないっすか」
紅緋「★回り厳しいですからねぇ。レベル上げに手を取られないなら、それに越したことはなく」
アリス「ぬるい。一ヶ月も依頼に出ていないと、こうもなるかしらね」
ギィ「もちろん、依頼は楽しいっすけど、ネックはやっぱり★の部分で」
アリス「もう半年我慢すればなんとか、かしら。自由に使える★が早く扱えればいいのだけど」
紅緋「背後さんがワイン止めてくれれば、それだけで十分なんですけどねぇ……」
2017.09.21 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1402-326332f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)