【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「池袋の象徴サンシャイン60の地下に作られた六六六人衆と不壊者の合同拠点・殺戮
   劇場『グラン・ギニョール』を舞台にした戦争が終わりやした。六六六人衆の序列第一位
   パラベラム・バレットを初め第八位にして序列秩序を司るランキングマン、不壊者最後
   の大老・建御雷も灼滅。討ち漏らした敵もいるものの、日本全土を灰にするというダーク
   ネスの企みは完全に叩き潰したっす」

アリス「はい、状況説明おつかれさま」(気のない拍手)
ギィ「なんかすっごい白けてるように感じるんすけど?」
アリス「当たり前じゃない。長いもの」
ギィ「状況説明なんだから、長くなっても仕方ないっしょ!?」
紅緋「まあまあお二人とも。無事に怪我もなく駆け抜けられただけでも、よしとしましょうよ」
ギィ「むぅ……」
アリス「今回取り逃がした一番の大物は、六六六人衆の序列第二位マンチェスター・ハンマー
   だけど、彼女というか六六六人衆は、もう徒党を組んだり出来ないはず」

紅緋「ランキングマンを灼滅しましたからね。彼が滅びた途端に、六六六人衆同士が殺し合い
   を始めたのは驚きましたが」

アリス「あれこそが六六六人衆本来の姿なんでしょう。その本能を押さえ込んでいた、ミスター
   宍戸の弁舌恐るべしね」

ギィ「しっかし、ハンマー女とか生き残らせてよかったんすかね? 生きてる限り全力で、自分
   達に嫌がらせするとか言ってたそうじゃないっすか」

アリス「あの状況じゃ同時攻略は厳しかったでしょ。そうなると、ハンマーも爵位級ヴァンパイア
   の軍勢に加わってた。それがお望み?」

ギィ「ヴァンプの軍門に降るというなら、灼滅する理由が一つ増えるだけのことっす」
アリス「相変わらずね、ギィのヴァンプフォビア」
紅緋「落ち着いてください、ギィさん。今日くらいはゆっくり休みましょう」
2017.09.24 Sun l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1404-d2e1cce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)