【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「このところ、民族の分離独立投票が話題になってるっすねぇ。中東と欧州で」
アリス「そうね。スペイン北東部のカタルーニャと、イランからイラクを経てトルコまで分布する
   世界最大の少数民族クルド人の自治政府」

紅緋「どちらも中央政府は独立を認めない構えですし、周辺諸国も承認はしないつもりみたい
   ですねぇ」

アリス「クルドはねぇ。対 ISILダーイシュで諸勢力に協力した見返りに独立が欲しかったんでしょう
   けど、自治領内に油田都市キルクークがある時点で厳しいわね。資源をぽんと与える
   ほど心の広い国なんて無い」

ギィ「トルコでテロを繰り返してきた実績もあるっすからねぇ。そのトルコは、独立するなら石油
   パイプラインを遮断するとか圧力を強めてるっす。」

紅緋「トルコ軍がテロリストを追ってイラク北部の自治領まで越境したことも、少なくありません
   でしたよね」

ギィ「ISILの壊滅が間近になった今、もはやクルドのペシャメルガももう用済みってことっす
   かね?」

紅緋「国際政治は冷酷です」
アリス「スペインの方は、分離独立投票の賛成票が9割を超えたってカタルーニャ州政府が
   宣言したわね。投票率が中央政府の妨害で4割そこそこらしいけど」

紅緋「そもそも、なんでカタルーニャ州は独立しようとしてるんです?」
アリス「カタルーニャはスペイン継承戦争まで独立国だったのよ。それがカスティーリャを中心
   とするいわゆるスペインに併合されて、フランコ独裁時代まで長らく抑圧されてきた。20
   世紀後半になってやっと、カタルーニャ文化が認められるようになってきたけど、富める
   地方であるカタルーニャは自分達の税金が他の貧しい地方に回されるのに憤りを感じ
   ていたの」

ギィ「それに加えて、アリスが話した歴史的問題っすね。今回は中央から派遣された警察が
   投票箱を押収しようとしたり衝突があったりで、州政府発表によれば800人あまりが
   病院で治療を受けたそうっす」

アリス「死者ゼロですんでるのが奇跡的だけど、これでカタルーニャの姿勢はより強硬になる
   でしょうね」

紅緋「どちらもしばらくは、目が離せませんね」
2017.10.02 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1408-12613546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)