【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「サイキック・リベレイターの第六射がスサノオに決まりやしたが、今のところ奴らの行動に
   関する予知は出てないっす」

アリス「その代わりに、六六六人衆序列第二位マンチェスター・ハンマーが、ブレイズゲートを
   制圧してそれを手土産にスサノオ陣営に合流しようとしている事態が明らかになったわ」

紅緋「あの老婆に次ぐ実力者ですから、スサノオに合流されたら厄介すぎます」
ギィ「まずは自分が決戦依頼に参加するっすよ。二人も来られるようなら来てくださいな」
アリス「もちろん」
紅緋「そんな風に情勢は動いてますが、日々のお勤めも大切で。依頼の報告会、いきましょう」

  シナリオ『豚肉豚肉豚まん祭りは大阪から』
  シナリオ『但馬牛を崇めよ!!』

紅緋「まずは私も的中者に名を連ねたご当地悪魔の依頼二件です」
アリス「ソロモンの悪魔は、完全にご当地怪人に取り込まれたようね。私たち魔法使いの宿敵
   だというのに情けない」

ギィ「自分達が垓王牙を灼滅したせいで、活動に必要な大地のエナジーを得られなくなった
   っすからねぇ。それをご当地怪人のガイアパワーで補ってようやく動けるようになった
   わけっすから、仕方ないっすね」

紅緋「大地の力が必要と言いますが、サイキックエナジーはいいんでしょうか?」
アリス「どうもダークネスは全般的に大地の力を必要としてるみたいね。イフリートやスサノオ、ご当地怪人……」
ギィ「考察は後でも出来るっすそれじゃ、自分の依頼を。爵位級から離反したヴァンプっす」

  シナリオ『甲冑の騎士が爪弾く音色は』

ギィ「どうも、“黒の王”が六六六人衆と同盟を組むのに反対していた奴のようでやした」
紅緋「ヴァンパイアにも色んな考え方の人がいますね」
アリス「私も、似たようなヴァンパイアを灼滅してきたわ。ヴァンパイアのセレベス。彼女は主義
   主張はなくて、好きなようにしていただけだったけど」


  シナリオ『吸血鬼の棲家には多様な花が咲き誇る』

紅緋「とどめはアリスさんですか。美味しいところを持って行っちゃって」
アリス「戦闘プレイングに手を抜いたつもりはないんだけど、結果として最後だけになったわね」
ギィ「ご当地悪魔もはぐれヴァンプも大人しくなったようっすし、次はマンチェスター・ハンマー
   っす。ナミダ姫に合流される前に叩きやしょう!」
2017.10.07 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1409-9a69d573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)