【Alice & Guy & Benihi】
アリス「六六六人衆序列第二位マンチェスター・ハンマーがブレイズゲート『世界救済タワー』を
   手土産にスサノオ勢力に合流しようという企み、阻止しきれなかったわね」


  シナリオ『世界救済タワー決戦~鉄槌を我に』

ギィ「あと少し、もう一手ってところだったんすけどねぇ。……ん、うちからあのハンマーのところ
   へ行ったのは自分だけっすか」

紅緋「私も向かおうとしたんですが、策が甘かったです」

  シナリオ『世界救済タワー決戦~強襲のスレイヤー』

アリス「第二陣となると、敵も相応に警戒してくるわよ。それでも突破しようと思ったら、仲間から
   の支援を受けるべきだったんじゃない?」

ギィ「そうっすね。自分のチームでも、決戦に向かおうとして前座に追いすがられて、一人
   足止め役で残らざるをえなかったっす。そういった向かおうとしてたどり着けなかった
   戦力がハンマー戦に参加してたらあるいは、なんて思っちゃうっすね」


  シナリオ『世界救済タワー決戦~策謀の塔』

アリス「そういう仮定は無意味よ。if なんて考えるだけ無駄。起きたことが全て。ちなみに私は
   元から残留組で楽とは言わないけど、そつない仕事をしてきたつもり」


  シナリオ『世界救済タワー決戦~貴婦人と肉斬男』

紅緋「崩さず崩されず、ですか。報告書をざっと読んだ限り、アリスさんのチームは最後まで
   戦線を維持したチームの一つみたいですね」

アリス「そうね。薔薇の貴婦人がばらまく毒が、思ったより強力じゃなかったお陰かしら」
ギィ「毒主体の六六六人衆はエグいって、アリスの経験談をよく聞かされたっすからねぇ」
アリス「まず妨アップをジャマー効果で三倍自分に付与。あとは毒サイキックで一回だけで毒
   が九つ付く。しかもそれが列で来るのよ。メディック一人じゃ多分キュアしきれない。
   今回の薔薇の貴婦人は、妨アップがなくて助かったわ」

紅緋「それをやられた時の依頼って、闇堕ちする方まで出したんでしたよね……」
アリス「あの毒の嵐は、ちょっとしたトラウマね。正直思いだしたくないわ」
ギィ「じゃあ、これからのことを考えやしょうか。マンチェスター・ハンマーという策士の戦闘狂を
   引き入れたスサノオがどう動くか?」

紅緋「私たちが嫌がることを徹底的にやるそうですからねぇ。どうも爵位級ヴァンパイアと同盟
   しようと考えてるようですし……」

アリス「ただでさえ、第四位や第五位の後始末で忙しいのに、この上面倒を増やされるのは
   御免被るわ」

ギィ「頭を潰したあとの方が生き生きしてるんすから、度しがたいっすよ、六六六人衆は」
2017.10.20 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1413-9c27ef67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)