FC2ブログ
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「先週は、ワイルドスペース内の『王子様』の居城発見、ダンジョン螺旋大伽藍の新領域
   解放、第二十二次ミッション発令と色々ありました」

アーティ「今更遅いっての。話題の鮮度が落ちてる。誰のせいだ、おらぁ?」
アルフ「……ひっ!? その、ボクが昨夜遅くまでミッション22-5を突破できなかったせいです」
連「あたし達がサポートに入るだけじゃ足りなくて、結局、入団受理待ち旅団から来てくれてた
   援軍の方に戦法変更のお願いまでしたわよね。ああいうのはもう無しにしよ」

アルフ「ど、どうでしょう? 結局そこで戦法を変更していただけたから22-5を突破できたのは
   事実で。無理強いするわけじゃありませんから、お目こぼし願えませんか?」

連「ま、支援頼りなのは皆そうだから、分からなくはないけどね。お願い事はよっぽどの場合
   だけよ?」

アルフ「……はい」
アーティ「さて、『創世濁流』ワイルド・マッド・ストリーム計画をドリームイーターが実行したことで、敵の本拠地が
   山梨県内のワイルドスペースだと見破れたわけだが」

連「あたしはトランプ衛兵への陽動作戦に参加してるわ。『王子様』の討滅は専任のチーム
   30人に任せた」

アルフ「『創世濁流』計画は、どんな結果になったでしょうね? 確か《蠍》さんが参加してるん
   でしたっけ?」

アーティ「ああ、行きつけの酒場風喫茶店の前オーナーの姿を写し取ってたからな。世の道理
   って奴をしっかり叩き込んでくるつもりだ」

連「こっちは、数の暴力が相手。オネイロス最強戦力の一角『公爵夫人ダチェス』を八人で相手する
   ベッカよりはよっぽどましだけど、色々難しいよ」

アルフ「制限時間があるのが厳しいですね。30分で外敵の強制排除を可能にする超越の魔女
   が、真っ先に討滅されていればいいんですが」

アーティ「つっても、あれは残霊だろ? 本体はどこだ? 戦争にでも出てくるつもりか?」
連「全世界決戦体制ケルベロス・ウォーも、発動がいつか見通せなくなった。少なくとも『王子様』決戦の結果が
   分からないと。それで、戦果次第では、戦争無しで解決かもね」

アルフ「全世界決戦体制はやらないに越したことはありませんからね」
2017.11.12 Sun l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1419-5fa28110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)