【Alfred & Arturo & Tsurane & ???】
アーティ「ドリームイーター最強戦力の一角『寓話六塔』ジグラットゼクスの一体『王子様』。奴が企てた
   『創世濁流』ワイルド・マッド・ストリーム計画は無事に阻止された。俺も及ばずながら参加してきたよ」


  シナリオ『創世濁流撃破作戦~魔弾とスペードのA』

アルフ「おつかれさまです。やっぱり知り合いの姿を盗まれると、気にくわないものなんでしょう
   ね」

セレネー「……お話中、お邪魔します。ルシアって人から、ここに来るよう言われたんですが?」
連「ああ、話聞いてるよ。新人さんだね。初依頼からやや難、大変だったねぇ」

  シナリオ『創世濁流撃破作戦~魔法の黒水晶』

アルフ「ようこそ、この場所へ。そして激戦、おつかれさまでした」
セレネー「ありがとうございます。すごく……緊張しました」
アーティ「それもだんだん慣れてくるさ、といっても、何も感じなくなったらお仕舞いだがな」
連「対ドリームイーター戦線の次のステージは、『王子様』決戦! ちょっと暴れてくる」
アーティ「おう、あんまり無茶すんなよ?」
連「死の危険はないからね。全力でぶつかってくる。少しくらいの無理はしないと、胸を張れ
   ないよ」

アーティ「張ったところで無いものは無いぞ?」
連「やかましい!!」
2017.11.15 Wed l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1422-5dab0d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)