【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「寓話六塔ジグラットゼクスの一角、『王子様』を、100人体制で強襲して、無事に討滅成功です!」
アーティ「うちからの参戦はレンだな。おつかれ。――ん? 納得いってなさそうな顔だが?」

  シナリオ『『王子様』決戦~シャッフルせよトランプ兵!』

連「自分の不甲斐なさにちょっとね。作戦に参加したメンバーのうち、一番早く落ちたんじゃ
   ないかって、そんな風にばっかり考えちゃってさ」

アルフ「レンさんはディフェンダーですから、それは自分の仕事を全うしたって事ですよ」
アーティ「無限湧きする相手に、いつまでも保つもんじゃないだろ、時間の問題だ」
連「分かっちゃいるんだけどね。まあ、あたしのことより、公爵夫人ダチェスに向かったベッカが無事で
    よかった」

アルフ「担当チームでは抑えきれずに、『王子様』に召喚されてそっちでも暴れたらしいですね」
アーティ「『王子様』一党はこれで壊滅。戦争が起こるにしても、まだ先のことになった」
連「気になるのは、残霊を残していった超越の魔女の行方。いま本体はどこで何をしてるん
   だか?」

アルフ「考えても分かりませんよ。それより今は、素直に勝利を喜びましょう」
2017.11.23 Thu l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1425-3e4b8d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)