【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「おいおい、なんだってんだよ。空から生えたあのばかでかい『手』は」
アルフ「寓話六塔『王子様』が言い残した『ジュエルジグラットの抱擁』って、このことだったん
   ですね」

連「なんて言うか、そのまんま過ぎるよ……」
アルフ「事前に『王子様』の計画を全て潰せておけて幸いでした。今ならまだ間に合うはず
   です。あれと戦いましょう」

セレネー「ただいまー、色々情報もらってきましたよ-。例の失伝職能者もこの件に絡んでいる
   ようです。寓話六塔『赤ずきん』が失伝職能者の末裔をさらっていた件ですが、洗脳して
   彼らの駒となるケルベロスに仕立て上げようとしたようです。でも、私達の調査の結果、
   それを実行する前に割って入ることができる!」

連「そういうことなら、まずは人助けね」
セレネー「はい、ドリームイーター達はさらった人を連れてゲートまで退却しようとしています
   から、そこを叩ければ救出も可能です」

アーティ「ゲートか。あの腕が生えてる空間がそうなんだろうな」
セレネー「位置は東京上空五千メートル。私の翼でも届きません。おそらく、あの腕に飛び
   乗って攻め上がることになるかと。それから全世界決戦体制に移行した場合の戦争
   勝率ですが、へリオライダーの算定で17%!」

アルフ「……厳しいなぁ」
連「それでもこれまで、どんなデウスエクスにだって屈せず戦ってきたんだ。今度も必ず
   勝つ!」

アーティ「他の寓話六塔やオネイアス幹部の残党が気になるが、今は目の前のことに対処する
   しかないな」

セレネー「はい! ドリームイーターの思惑、皆悉くひっくり返しましょう!」
2017.11.24 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1427-b1e98e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)