【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「Feliz Año Nuevo」
アルフ「Happy new year」
セレネー「Ευτυχισμένοςエフティヒスメノス ο καινούριοςケヌリオス χρόνοςフロノス
連「あけましておめでとう。今年もどうぞよろしく。それにしても、ギリシア語って難しいわね」
セレネー「まあ、普通に通じないからね。だからなるべく使わないようにしてるし」
アルフ「大丈夫。魔法使いには、ラテン語やヘブライ語と並んで必須の教養です」
アーティ「魔法使いはややこしくていけねぇ。銃弾一発で決めちまう方が、手っ取り早くていい
   だろうが」

アルフ「乱暴ですよ、それ」
連「さて年の初めは、ケルベロスの年、戌年らしく、職能別の新年会から。あたしは不参加
   だけどね。必殺技なんてないし、刀剣なんて持ってないし」

アーティ「寂しい新年だねぇ。俺は米国西部で、西部劇ごっこをしてから、牛喰ってくる」
アルフ「ワイン飲んでくる、の間違いでしょう? ぼくは鎧装騎兵として、ファッションショーに
   出ることにします。ファッションショーというよりはパフォーマンスに近いんですが」

セレネー「私も、ブレイズキャリバーの新年会でパフォーマンスね。プレイングは珍しく第三者
   視点になってるけど、どういう扱いになるか」

アーティ「そして、案の定、ジュエルジグラットの手がダンジョン化しやがった。いつ来るかとは
   思っていたが、正月明け早々とはな」

連「知られざるゲート開発秘話ってところかしら。まさかドリームイーターがゲートを開発して
   デウスエクスに広めたなんてね」

アルフ「どういうつもりだったんでしょうね、初代『寓話六塔ジグラットゼクス』?」
セレネー「『赤ずきん』は、たとえ歴史が巻き戻って、再び自分達がゲートの製法を知ることに
   なっても、何度でも必ず他の種族に技術を広めるって言ってたよね」

アーティ「モザイク、欠落、ジュエルジグラットに送られた流刑者――なんか繋がりそうで
   繋がらねぇなぁ」

アルフ「そういえば今年の年賀状は普通でしたね。晴れ着姿のイマジネイターさんがすごく
   可愛かったです」

連「あの子が気になってるんだろうけど、止めとけば? ライバル多いよ」
アルフ「気にしてるとか、そういうんじゃないですから!」
2018.01.05 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1440-12a7b0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)