【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「ナミダ姫の死で大地に一度に還ったエネルギーの鎮護、垓王牙の尾となったイフリート
   の皆さんのおかげで鎮めることができました」


  シナリオ『龍脈封印儀式~理由と決意と』
  シナリオ『龍脈封印儀式~温泉だぞ、みんな集まれ!』
  シナリオ『龍脈封印儀式~ヒイロカミと祈願の湯』

アリス「これで、当面の災害は回避出来たわね」
ギィ「人間の都合で自然現象をどうこうするというのはともかく、出来る手は打ったっす」
紅緋「これで当面は、安泰ですね。ご当地怪人もガイアパワーを吸い出せない」
アリス「それはそれで、連中が何か別の手を打ってきそうだけど」
ギィ「ご当地も悪魔もガイアパワーに頼ってたわけっすから、それが遮断されるとどういう行動
   に出るか」

アリス「ご当地は学園に同盟みたいなものを求めていたわけだから、今回で確実に敵対じゃ
   ないかしら?」

ギィ「そうは言っても、リベレイターの照射先投票がまだ発令されてないんすよね。てっきり
   龍脈封印儀式が終わったらすぐにだと思ってたんすけど」

アリス「引っ張るわね。そういえば、紅緋は依頼行ってきたんだっけ?」
紅緋「はい。もう都市伝説禁止縛りも解禁で」

  シナリオ『初夢2018と初夢喰らい』

ギィ「いいっすねぇ。こういうまったりした話も」
アリス「何言ってるの。私たちも都市伝説と戦わないといけないのよ」
ギィ「もう、現実と向き合わせないでくださいな。節を枉げるというのはこういうことなんでやしょう
   ね。これまで、ご当地と都市伝説には関わらずにきたというのに」

紅緋「あら、好き嫌いはいけませんよー」
2018.01.11 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1441-99f2da61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)