【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「いよいよサイキック・リベレイターの第七回目の照射先投票が始まったっす」
紅緋「ギィさんはここしばらく、『照射しない』への投票を訴えてましたけど」
アリス「その場合が二つのケースに分かれたわね。ダークネスの情報収集と一般人社会への
   働きかけと」

ギィ「自分は民間活動を推すっすよ。ダークネスの人間社会への影響を排除して、学園を支援
   してもらうようにするっす。そして何より、人間社会を上位の支配者の手からの解放を」

アリス「まあ、ダークネスの代わりに私たち灼滅者が支配者の座に座るだけって話もあるけど」
ギィ「それじゃ意味が無いっす。人を治めるのは人でなくちゃ」
紅緋「上位種族支配からの決別、できますかねぇ?」
ギィ「その様子を探るのも行動の一環っす」
アリス「まあ、一週間あるから、どうなるかは蓋を開けてのお楽しみね。それはそれとして、
   タタリガミを一匹灼滅してきたわ」


  シナリオ『あっぱれ! バカ殿様』

アリス「こういうの、私の柄じゃないんだけどね。紅緋が行くべきだったんじゃない?」
紅緋「まあ、経験値のバランス的に、アリスさんの番だったって事で」
アリス「ネタ術式、本当に鬱陶しかったわ」
ギィ「やっぱ、アリスにはつくづく向いてないっすねぇ」
2018.01.16 Tue l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1442-5a560c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)