【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
連「今日は節分! ということで鬼退治してきたよ!」
セレネー「退治しちゃだめじゃないですか。オウガの方々をコギトエルゴスムにして保護したん
   でしょう?」

連「もう、細かいところにこだわるなぁ」
アルフ「いやいや、それ大きな違いですって」
連「まあいいじゃん。ってわけで、報告いくよ。まずあたし」

  シナリオ『オウガ遭遇戦~鬼は来りて飢えに喘ぐ』

連「ベッカが優先依頼引き当てたから、運命使って参加した。全編ラブラブってわけにはいか
 なかったけど、全員立ったまま12分耐えきって、饑餓オウガは無事コギトエルゴスムになり
 ました」

アーティ「はい、おつかれ。ケルベロスそれぞれに焦点を当ててから本編に入るスタイルか。
   最後に吉備津神社へ向かってるのも、そういうところまで描いたリプレイはあまり多く
   ない印象だが」

連「そうねぇ。ベッカと一緒に何度もイベシナに参加したし、あたし達二人は完全にキャラの
 把握ができてたんでしょう。他の人たちもそれなりに?」

セレネー「それでは、次は私です」

  シナリオ『オウガ遭遇戦~2月3日の鬼』

アルフ「えーと、セレネーさんの行動の端々に微妙な表現が混じってるんですが?」
セレネー「あー、それですか。……ええと、依頼への参加が決定した晩に、告った相手に振られ
   たんですよ。ヘリオンの中でもそれを引きずってたんですけど、生死の端境に立つと、
   さすがに雑念なんて消えていきますね」

アルフ「ご愁傷様です」
アーティ「まあ、ケルベロスの半分は野郎だ。そこから適当なの見繕え」
連「というか、背後の人がお見合いを考えてたみたいだけど?」
セレネー「蹴りましたよ、あんな話。私にだって好みはあります。思い人は自分で見つけてみせ
   ますから!」
2018.02.03 Sat l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1457-a88aac54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)