【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「学園が『民間活動』を展開したお陰で、ソウルボードに変化があったそうっすね」
紅緋「はい。『民間活動』で人々の意識に変化があったならソウルボードにも影響が出るのでは
   と考えた有志の皆さんが、ソウルボードの中で好意的な感触を得たそうです」

アリス「でも、それだけじゃないでしょう?」
紅緋「ええ。探索に赴いた皆さんが見つけたのは、ラジオウェーブの電波塔。バベルの鎖を
   無視して伝播するラジオウェーブの都市伝説惹起放送はこれが秘密だったわけです。
   ソウルボードをこんなことに使うなんて、『soul board divers』部長として見過ごすわけ
   にはいかない! と言いたいところなんですが――」

ギィ「自分達、カンストしてる上に★不足と来てるっすからねぇ」
アリス「経験値をオーバーフローさせるのはさすがに避けたい」
紅緋「いえ、★さえあれば、私一人でも行きましたよ!」
ギィ「ま、電波塔は今回でへし折れるとして、その後どこまで攻め込めやすかねぇ。もう、ラジオ
   ウェーブも灼滅しちゃいたいっすけど」

アリス「そうね。都市伝説は戦争じゃなく全体依頼で潰してしまいたいわ。殲術再生弾の弾が
   もったいないもの」
2018.02.23 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1460-e52d6fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)