【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アルフ「クルウルク神族オグン・ソード・ミリシャに蹂躙されていた惑星プラブータから、オウガ
   のコギトエルゴスムを回収してから三日目。ラクシュミ女神様のお言葉通り、オウガ達
   が復活して多くがケルベロスとして覚醒し始めたようです」

アーティ「早速、うちにも来てくれたオウガがいるよ」
セレネー「第二次大侵略期で定命化したデウスエクスは、ヴァルキュリア、ローカストに次いで
   三例目ね」

連「今回は時間まで分かってたから、歓迎っぷりがすごいったら」
アルフ「でも、気になることもありますね。プラブータと地球を繋ぐゲートを作ったのは、オウガ
   ではないと」

アーティ「ゲート壊しちまった方が確かに後腐れはないんだが、せっかく手に入ったゲートと
   その向こうのフロンティア、捨てるには惜しいんだよなぁ」

連「オウガのみんなが味方になってくれただけでも十分じゃない。余計な欲を出すと手痛い目
   に遭うわよ?」

セレネー「ゲートをどうするかについては、ケルベロス全体で投票の機会を設けてほしい
   ですね」

アルフ「多分誰かが事後行動で送ってくれると思いますよ。投票はないかもしれないけど、事後
   行動で優勢な方に方針が定まるかもしれませんし」

アーティ「ま、今日はめでたい宴の席だ。浴びるほど飲もうじゃないか!」
連「おじさんはいつでもワイン瓶ぶら下げてるでしょうが」
2018.02.23 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1461-c7bfeb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)