【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「ソウルボードの電波塔再建のために繰り出してきたタタリガミ勢力の一手、巨大都市
   伝説による都市蹂躙での恐怖の扇動作戦は、私たちの手によって阻止されました!」

アリス「参加したみんなと、サポートに来てくれたみんなに、ありがとうとおつかれさまを」
ギィ「都市伝説六体とタタリガミを相手の連戦ではあったっすけど、戦闘自体に苦戦の印象は
   なかったっすね」


 シナリオ『決戦巨大七不思議~春嵐』
 シナリオ『決戦巨大七不思議~巨大タタリガミのタタリ』
 シナリオ『決戦巨大七不思議~毒蜘蛛の巣』

アリス「私のところは、歌をキーに、ご当地都市伝説への『恐怖』を昇華させる作戦が当たった
   わ」

ギィ「うまいことやったっすね。自分は、知人が推理的中させてたので、そのお手伝いに。サポ
   ートに入るのも、悪くはないっすよ」

紅緋「私は久々にイルマさんに会えてよかったです。もっとお話できる機会がほしいな」
ギィ「今回の作戦は、ただ都市伝説達を灼滅するだけじゃなくて、『民間活動』の一環として、
   蹂躙される市民の皆さんをタタリガミがもたらす恐怖から救い、自分達灼滅者の存在を
   認知してもらうという側面があったっす」

アリス「そうした地道な『民間活動』の結果、ソウルボードに綻びが生じて、現実世界に力が
   あふれ出そうとしているわ」

ギィ「だけど、それを繕うように『鎖』が綻びを修復しようとしてるっす。これが真のバベルの鎖
   でやしょうか?」

紅緋「その真偽は、向かってみるまで分かりません。ただ私は、シャドウハンターとして今回の
   事態を放置できないです」

アリス「乗りかかった船。手伝いましょう」
ギィ「自分は、ちょっと六六六人衆と遊ぶ予定が入ってるんでパスっすね」
紅緋「ご心配なく。二人でも十分結果を出してきますよ」
2018.03.30 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1466-9095ee5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)