【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「爵位級ヴァンパイアに合流したうずめ様が、予知を出してデモノイドを動かしたそうです。
   狙いは戦う力を持たない、闇堕ちせずに灼滅者となった人たち。そんな事件の一つを
   解決してきました」


  シナリオ『うずめ様の予知~ダーク・フレンジー』

アリス「うずめ様は一度灼滅されて、その後蘇生させられたって聞くけど、予知能力は損なわ
   れていなかったのね」

ギィ「その前後は、ちょうど自分らが離れていた間っすから、いまいちピンとこないんすけど
   ねぇ。まあ、ヴァンプに力を貸そうというなら叩き潰すまでで」

紅緋「私は、デモノイドを潰せるなら構いませんよ。彼らは第三の宿敵ですから」
アリス「ロード・プラチナとかいうのが、デモノイドのトップだっけ?」
紅緋「はい。レアメタル・ナンバーのようですね。どういう力を持っているんだか?」
ギィ「とはいえ、一連の事件は終熄したみたいっすね。自分も爵位級ヴァンプの邪魔したかった
   っすよ」

アリス「そっちはそっちとして、助けた人たちから話を聞かないとね。現実世界にこぼれ落ちた
   ソウルボードの欠片が、彼らが灼滅者となった原因だっていう仮説もあるし」

ギィ「癒しを必要としない灼滅者。自分らの将来に関わる存在の気がするっすね」
2018.05.05 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1486-c2df31a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)