【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ども。ソウルボードでの戦いから帰ってきたっすよ。と言うにはいささか時間がかかり
   やしたか」

アリス「まあ、報告書33件を全部読んでたからね」
紅緋「疲れましたー。ギィさんの報告書はこれですね」

  シナリオ『【民間活動】精神防衛戦~魂の在り方』

ギィ「うい。ブレイズゲートボスの屍王『倭華裏狂姫』が相手だったっす」
アリス「皆が戦い抜いてるのに、一人だけ落ちてるのって、すごくダサい」
紅緋「焦りと感情活性化してなかったことが敗因だってばっさりやられてますね」
ギィ「感情周りのシステムが面倒くさいんすよ。自分みたいに公開感情が100近いと、一人
   ずつ入れ替えしていくことになって、とてもやってられないっす」

アリス「はいはい、言い訳言い訳。それじゃ、今回何者が出てきたか整理してみましょうか?」

爵位級ヴァンパイア:“十字卿”シュラウド、“魔女”バーバ・ヤーガ、不壊者アタワルパ
ノーライフキング:倭華裏狂姫、白薔薇の君
六六六人衆:マンチェスター・ハンマー、ジョン・スミス、ドーター・マリア、八波木々・木波子
ソロモンの悪魔:オセ、ザガン、ヴァレフォール、ウウァル、アムドシアス、フュルフュール、サレオス、クロケル、白百合、リュシアン・ジレ
羅刹:鞍馬天狗、“聖女”ガラシャ
ご当地怪人:アフリカンパンサー、アメリカンコンドル、おフランスベルサイユ怪人、インドゾウカレー怪人、インドマハラジャ怪人、ミイラアヌビス怪人、バントラインスペシャルマン
デモノイド:ロード・ジルコニア、ロード・テルル、ロード・マンガン、ロード・バナジウム、ロード・ニオブ

アリス「リストアップすると、ソロモンの悪魔とご当地怪人の多さが際立つわね」
紅緋「強さだけなら六六六人衆もかなりのものですよ。」
ギィ「ダークネスの各陣営が、使える戦力を全部出してきた感じっす」
紅緋「それにしても、ご当地はどうしてインドがあんなに多いんでしょう?」
アリス「これだけの敵将たちを相手に全勝したんだから、一般人の応援の力ってすごい
   ものね」

紅緋「……スルーされました」
アリス「そして、精神防衛戦の結果を見届けて、シャドウに闇堕ちした元灼滅者が、武蔵坂学園
   にいまだ何物でもない『ひとつのソウルボード』を連れてやって来たわ」

紅緋「ソウルボードはラジオウェーブを吸収することで意思を持ちそして分裂し、それぞれが
   考えるダークネスをサイキックハーツに到達させたそうです。そして今回学園に来た
   ソウルボードは、灼滅者の側に立ちたいと」

ギィ「即効却下から要検討まで、幅広い選択肢が示されたっすね」
アリス「もうすぐ始まるという、ダークネス同士の『大戦』。それとどう繋げるかも考えないといけ
   ないわね」

紅緋「投票期限は6月4日(月)朝8時30分! 忘れずに投票したいですね」
2018.05.31 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1492-b51e2396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)