【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「スペインは、カタルーニャ独立容認派がラホイ首相に不信任を突きつけて、政権交代
   しましたね」

アリス「バスク系政党も動いてたみたいだけどね。カスティーリャはどこまでカタルーニャの
   『独立』を認めるつもりなのか?」

ギィ「イタリアは、旧北部同盟の系譜に連なる政党・同盟が、新興の政党・五つ星運動と連立
   政権を結成したっす。北部同盟は富裕なロンバルディアなどのイタリア北部を独立させ
   たがってた政党っすから、状況はスペインと似たようなものっすね」

紅緋「どちらの政局も、欧連からの遠心力として働きますよね」
アリス「イタリア新内閣は、明確にEU懐疑派。スペインも似たようなものじゃないかしら。いき
   なりGBに続いて欧連から離脱することはないと思うけど、もう“欧州合衆国”とか
   “ひとつの欧州”とかいう夢は消えてなくなったわね」

ギィ「欧州連合への中央集権へのカウンターのように噴き出してきた、地方主権を推進する
   勢力。欧州の政治地図はかなり変わるっすよ」

紅緋「それぞれまったく逆方向に引っ張ってるわけですよね。その間の欧連は、股割き状態に
   なりませんか?」

ギィ「統合推進派は、フランスとドイツが両翼っす両国が伊・西の新政権にどういう態度を示す
   か。今月のサミットでは注目っすね」

アリス「ただでさえUSAが鉄鋼・アルミニウムへの高率関税で貿易戦争を始めようって時に、
   身内でいがみ合うのは止めてほしいわね。今は欧日墨加で対米包囲網を組んで、
   トランプに現在の状況を分からせないと」

ギィ「合衆国も、貿易戦争やるなら中共とだけにしておけばよかったのに」
紅緋「この状況で、ロシアの存在が不気味です」
アリス「どう動くのが特か見極めようっていうんでしょう。ロシアの対米貿易額は大きくなかった
   はずだしね」

ギィ「ともあれ、またごちゃごちゃややこしくなりそうっすよ」
2018.06.01 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1493-d427307a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)