【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アルフ「オラトリオが大侵略期に封印したドラゴンたちは、一頭を残して全て討滅に成功しま
   したね」

アーティ「到底無事にとは言えんがね。それより、奴らの目的は封印を解き続けた末に残った
   最後の封印から、ドラゴンオーブなんてものを回収することだったようだ」

連「魔竜王の再臨すら可能かもしれないという、ドラゴンの秘宝。封印がある熊本市には、
   ドラゴン勢力配下の九個軍団が向かって、オーブのためのグラビティ・チェインを収奪
   しようと熊本市民虐殺を企てているわ」

アルフ「一人だけなら行けたんですが、ボクらは今待機時間ですからねぇ」
セレネー「……すみません。暴走したうちの船長を、救出しないといけないんです」
連「まあ、仕方がないわよ。ドラゴン相手だったんだし」
アルフ「あと、どうせボクらが参戦することはありませんが、ドラゴンで構成された本隊があと
   から来るはずです。そちらも気になりますね」

アーティ「まったく、動けないってのは、焦れったくていけないな」
セレネー「本当、すみません」
連「セレネーのせいじゃないから。その代わり暴走したその人は絶対連れ帰ること」
セレネー「はい! 無事に参加出来たら必ずや!」
2018.06.09 Sat l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/1497-78e3e9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)