【Lucia & Mare】
芽亜「パキスタンのイスラマバード近郊で、合衆国にとっての公敵第一人者ウサーマ・
   ビン・ラーディン容疑者が殺害されましたの」


  『作戦約40分間の末ビンラディン容疑者を殺害「正義を達成」』 (5月2日付CNN)

芽亜「作戦実行は海軍のSEALsでしょうか?」
ルシア「結局、誰かを殺すことでしか平和は保たれないんですね……。テロリストだから
   といって、その死を喜ぶ気にはなれません」

芽亜「相変わらず、お優しいことで。彼の命令ひとつで無辜の生命が多数危険にさらさ
   れてきたというのに」

ルシア「分かってますよ、それくらい! でも、彼ひとりを殺したところで、テロの連鎖
   が止まるとも思えなくて」

芽亜「出来うるなら、テロの土壌そのものを浄化しなければいけませんわね。今進行して
   いる中近東の民主化ドミノが国民に豊かさをもたらすものであればひょっとすれば……」

ルシア「ともかくこのあとは、アル=カーイダが混乱している間に残党を掃討することが
   必要ですね。平和のために流血を捧げなければならないというなら、それは出来る
   だけ少ない量であってほしい」

芽亜「本当、ルシア様はお優しいことですわ」
2011.05.02 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/423-985444cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)