【Lucia & Mare】
芽亜「希蝋ギリシア経済への不信が一層高まっていますわね。S&Pスタンダード・アンド・プアーズが、ソブ
   リン債の等級をBB-からBへ引き下げました」


  『再送:S&Pがギリシャ格下げ、債務再編リスク拡大で各社が反応』(ロイター通信 5月10日付)

ルシア「確か、ドイツの『シュピーゲル』誌では、ギリシアがユーロゾーンから離脱して
   独自通貨を再導入するという記事が出たとか」

芽亜「それはさすがに欧連が否定しましたけれども、最終手段はそれしかないのでは
   ないかと思いますの」

ルシア「なんですか、EUからの新規支援も要請していないって言い張ってますし」

  『ギリシャ、新たな支援策がまとまるとの報道を否定』(ロイター通信 5月10日付)

芽亜「それはそうでしょう。資金を出してもらうということは、政策面で手足を縛られる
   のと同じ。予想される未来は、政府の緊縮財政→景気悪化→政府の財政悪化→
   緊縮財政というスパイラルですもの」

ルシア「ユーロはギリシアが勝手に刷れませんから、政府が紙幣を印刷して中央銀行に国債
   引き受けさせるということすら出来ないんですよね」

芽亜「希蝋の有様を見て、ユーロが売られていますわね。USドルは、輸出促進のために
   弱含みですし、ひたすら円高が続く情勢ですの。それならそれで、資源が安く買える
   から構いませんが」

ルシア「デフレですもんねぇ、日本経済。まあ、ギリシアのようになる心配がないのは
   いいことですが、この辺で成長路線に戻って欲しいものです」

芽亜「そのための特効薬は、政権交代して公共投資で需要創出ですわ! 今の政権では
   日本を蝕むだけですの」
2011.05.10 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/425-0828e379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)