【Lucia & Theo & Mare】
テオ「……『大帝の剣』、奪ってきたよ」

  シナリオ『【魔に魅入られしモノ】偽ノ愚者』

ルシア「わ! 兄さん、大丈夫ですか、その肩の傷!」
テオ「平気だってば。重傷くらいで騒がなくていいよ」
芽亜「テオドール様は重傷慣れしておられますものね」
テオ「まあね。これで戦争に使えるメガリスが3つ。少しは余裕が持てる」
ルシア「それより、いま入ってる依頼はどうするんです? 重傷じゃ前衛は張れないで
   しょう?」

テオ「大人しく、後衛で浄化の風に徹するよ。バイトがシルフで本当によかったと思う。
   足手まといにならずにすむからね」

芽亜「さて、そんな中、私は抗体ゴーストのナンバードから目覚めたての能力者の方を
   救って参りました」


  シナリオ『彼女の筆を折らせるな!』

ルシア「新人のコミマスさんですね。また学園が賑やかになるのかなぁ」
芽亜「だと、いいですわね。それにしても、なんだかサイレントヴォイスの効きが悪かった
   ような」

テオ「BSはかからないときは徹底的にかからないから。BSに依存して戦略を立てるな
   ってよく言われるでしょ」

芽亜「まあ、そうなのですけれども……」
ルシア「そして、大雪山では抗体ゴーストを抱え込んだ原初の吸血鬼が発見されました。
   この話題は後日に回しましょうか」

芽亜「そうですわね。今日はこのくらいでお暇しましょう」
2011.05.11 Wed l シルバーレイン(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/426-45f60da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)