【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「西班牙の地方選挙で、政権与党社会労働党が惨敗しましたの」

  『スペイン地方選挙で与党大敗、サパテロ首相に退陣圧力』(2011年5月23日付ロイター通信)

ルシア「住宅バブル崩壊、20%を超える失業率。この選挙結果は当然だと思います」
テオ「これでユーロ危機の防波堤役をしていたスペインでも政治リスクが顕在化した。外資
   がこれを機に引き揚げたり、格付け会社がソブリン債の格付け引き下げに動くかもね」

芽亜「危機とは無縁と見られていた伊太利亜も、S&Pスタンダード・アンド・プアーズから格付け見通しを
   『ネガティヴ』にされましたし」


  『イタリアの格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ=S&P』(2011年5月23日付ロイター通信)

ルシア「地中海クラブクラブ・メッドは揃いも揃って。少しは支援する側のことも考えてください!」
芽亜「彼らには、十年後の経済的成功より明日のパンですわ。ユーロゾーンは、欧州はひとつ
   という旗印の下に行われた壮大な社会実験でしたけれど、そもそも前提が正しかったか
   どうか、検証が必要ですわね」

テオ「PIIGSも可哀想にね。現状じゃあ、不安定化した国に当然起こるはずの通貨安が発生
   しないから、貿易黒字を稼ぐことも出来ない。どこが最初にユーロから落っこちるか。血を
   吐きながら続ける、死のマラソンだよ」

芽亜「それこそ、『赤の女王の名の下に』ですわ」
ルシア「『鏡の国のアリス』?」
芽亜「"It takes all the running you can do, to keep in the same place." 生物
   学用語ですけど」
2011.05.23 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/433-9fab33b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)