【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「異形の有力者の一角、無血宰相トビアスは、石化されたあと微塵に砕かれて、六甲
   アイランドにそびえる影の城の各所に封印されました。これであとは『不滅の災い』をどう
   にか出来れば、この度の源平合戦も終了です」

テオ「トビアスには、洗脳を解いた欧州人狼騎士をたくさん殺してくれた恨みもあるからね。
   絶対復活しないようにしておかないと」

芽亜「まあ、戦争の話はここまでですの。次に来るのは学園祭ですわ」
ルシア「そうですね。いつまでも引っ張りたい話じゃないし。ええと、『血と温もりの在処』
   は、今年も喫茶店を営業予定です。皆さん、どうぞお越しください」

芽亜「うちの企画は、まだ内緒ですわ。奇を衒ってみようとは思いますけど」
テオ「それは楽しみだね」
ルシア「で、そういう兄さんのところは?」
テオ「うちは、騒ぎたい人がいないのか、特に予定無しだよ。こういうのは、団長かそれに
   準ずる人がリーダーシップを取らないと動かないね」

ルシア「そうそう、今年の水着コンテストは、三人とも不参加です。今まで十分作りました
   し、正直新しいアイデアもないもので」
2011.07.05 Tue l シルバーレイン(日常) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/459-d83e9f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)