【Theo & Mare】
テオ「教室は臨海学校のことで賑わってるけど、普通のお仕事もこなして行かなくちゃね」
芽亜「まあ、私たちは優先度や幸運度が足りませんが」
テオ「それを言っちゃあお終いだよ。とりあえず、お互いの報告会に進もう」
芽亜「はいですの」

テオ「ボクの方は、あまり子供に聞かせたくない話かな。ゴーストはともかく、人間関係が
   生々しすぎる」


  シナリオ『狐の嫁入り』

芽亜「あら、私を子供扱いですの?」
テオ「芽亜ちゃんは別格。子供っていうならルシアの方だよ」
芽亜「それにしても、人払いをよく成功させましたわね。私なら悪夢クラスターでどかん
   ですのに」

テオ「そこはMSさんも褒めてくれたところでね。各人が最善を尽くした結果、一般人の
   保護も地縛霊の討滅も成功したんだ。王者の風や眠りアビに頼りっきりになるより
   はいいよ」

芽亜「むー……。まあいいですの。続いて私の報告ですわ」

  シナリオ『悪漢は銃で語る。』

芽亜「締め切り前日に飛び込んで、その晩に相談卓を1ページ使い切ったという、考えて
   みればすごい展開の相談をしたものです」

テオ「芽亜ちゃんは相変わらず梯子だね。まあ、この場合は、幸運度が下がるリスクは
   なかったけど」

芽亜「あんなに楽しい相談は滅多に出来ませんわね。メンバーに気心の知れた方がいると、
   やはり違いますの」

テオ「依頼自体は楽勝というか、いかに西部劇らしくみせるかが肝だったね」
芽亜「主役はガンマンの皆様。私のような歌姫は脇役で十分ですわ」
2011.08.04 Thu l シルバーレイン(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/474-67591b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)