【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「昨日ついに、円が対ドルで戦後最高値を記録しましたの」
ルシア「いつか来るXデイが到来したわけですね」
テオ「通貨高になれば、原料がそれだけ安く手に入っていいんじゃないの?」
芽亜「それもひとつの考え方ですけれども、円高で輸出が滞れば、それは空気のように
   静かに広まる不況となりますの。それに、第一次産業など国内で競合する産業は、
   安く入ってくる外国製品に太刀打ちできなくなりますわ。工業でも部品の海外発注や
   生産拠点の海外移転などで、国内が空洞化してしまいます」

ルシア「今、円と同等に高騰しているのは、スイスフランだけですよね。ドルもユーロも
   奈落へ向けて駆け下りているような有様で」

芽亜「この局面ですから、日銀はさっさと円を刷ればいいのですわ。インフレ上等。刷った
   円は政府の復興事業に回してそこから民間へ浸透させていけば、デフレも退治でき
   ます。なぜそうしないのか、理解に苦しむばかりですわ」

テオ「ゴルトも史上最高値だね。もっと待っていればもっと値上がりするかもしれない。この
   心理が、供給不足を生むインフレの基本。逆にデフレは、待っていればもっと安くなる
   かもしれないっていう期待感の産物」

ルシア「とりあえず今はUSAの量的緩和第三弾(QE3)の内容待ちでしょうか」
芽亜「日本化しつつある合衆国に、適切な手が残されていますかしら?」
テオ「それでも何とかしてもらわないと。世界同時不況はごめんだよ」
2011.08.21 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/484-7d3de7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)