【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「リビアの首都トリポリが『国民評議会』に制圧され、カダフィ政権の崩壊が決定的
   になりましたの」

テオ「昨日の時点でトリポリを囲む三都市が制圧されて、首都は補給を断たれた状態だった
   よね。それで、日本時間の今朝から『トリポリ解放戦』に突入したわけだけど、まさか昼
   (同)までに決着がつくとは思わなかった。ボクらの戦争でも一日がかりなのに」

ルシア「アル=ジャジーラによると、大佐の親衛隊が投降、大佐の長男ムハンマド氏、
   次男セイフ・アルイスラム容疑者、三男サアディ氏が『国民評議会』に拘束され、首都
   も大佐の住居があるバーブ・アジジヤ地区を除いて全面制圧です」

テオ「残るは、ラスボスが控えるステージってところかな。大佐がサブサハラから引き入れた
   傭兵集団の動向が出てきてないのが気になる。それと、大佐がまだトリポリにいるのか
   どうか。今の懸念は、もうそれくらいだよ」

芽亜「カダフィ大佐の捕縛は、内戦後の安定を考えれば、絶対条件に等しいですの。ただ、
   事態はもうカダフィ後を現実に語れるレベルまで進んでいますから、国際社会は『国民
   評議会』の支援をしっかりしていかないといけませんわね」

ルシア「一番怖いのは、カダフィ派残党がテロを繰り返す、イラクやアフガニスタンのように
   なることですね」

芽亜「それだけは阻止しないとなりません。ともあれ、リビア国民の皆様、解放おめでとうござい
   ますの」
2011.08.22 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/485-6d5d5401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)