【Lucia & Mare】
ルシア「S&Pスタンダード・アンド・プアーズが、とうとうイタリア国債の格付けを引き下げましたけど、
   ムーディーズも格下げの方針だっていうし、これでまたユーロの信頼性が揺らい
   じゃうんじゃないですか!?」

芽亜「ルシア様。落ち着いてくださいませ。伊太利亜の格下げは、市場では既に織り込み
   済みですの」

ルシア「みんな悲観的だなぁ」
芽亜「伊太利亜も対GDPの債務比率がひどいですからね。これは予定通りの動き。所詮
   傍流に過ぎません」

ルシア「本命はやっぱりギリシア?」
芽亜「もちろんですわ。欧州債務危機の火付け役にして、ユーロそのものを壊そうとする
   しか手が無くなった国。実際希蝋の一部新聞は、ユーロゾーン離脱の国民投票
   ついて言及し始めました」

ルシア「ええと、昔の通貨は、ドラキュラ?」
芽亜「ドラクマですわ」
ルシア「そう、それ! ドラクマに復帰したら、たちまち債務不履行デフォルトしませんか?」
芽亜「そうした方がお互いのためですの。泰王国も半島の南側の地域も亜尓然丁アルヘンティーナ
   露西亜も、デフォルトしてIMFの介入を受けてから立ち直りましたわ。いま希蝋に
   必要なのは、徹底的な通貨安です。それは、共通通貨ユーロの元ではあり得ま
   せん」

ルシア「でも、ギリシアが一抜けしたら、他の国も続けて、二抜け三抜けしませんか?」
芽亜「ユーロの強靱さが試されているところですわね。クラックされるかどうか。あまり
   対岸の火事と見るわけにもいきませんが、私どもには手の出しようが無く……」

ルシア「国際経済は難しいです……」
2011.09.20 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/502-a940cd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)