【Lucia & Mare】
ルシア「みんなががんばったおかげで、マヨイガがヨーロッパの四ヶ所に繋がりましたねぇ」
芽亜「ビャウォヴィエジャの森、妖精郷、ウィーン、ボルドー。それぞれ友好組織がある
   場所ですわね」

ルシア「私、卒業したらボルドーに結社を作るんだ」
芽亜「わざとらしい死亡フラグはお止めください」
ルシア「えへへ」
芽亜「ともあれ、これで欧州進出がしやすくなりました。いまだに内幕が知れない伯爵の
   ことも、何か分かるでしょうか」

ルシア「事件を解決していくうちに、見えてくるかも知れませんよ。ヨーロッパで起こる
   事件の解決も、私たちのお勤めになったようですし」

芽亜「まず最初は、水の都ヴェネツィアですわね」
ルシア「修学旅行でいきましたよ。懐かしい」
芽亜「ルシア様は、行くとしたらどこをお望みで?」
ルシア「そうですねぇ。あまり地元過ぎてもなんですし、コペンハーゲンかリューベック。
   ブリュージュも捨てがたいな」

芽亜「どこも、商都の色合いが強い街ですわね。私は、アドリア海の真珠ドゥブロヴニク
   に行ってみたいと思っていますの」

ルシア「渋好み……」
2011.09.23 Fri l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/503-90531a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)