【Lucia & Mare】
ルシア「イタリア国債の利回りが、7%台に突入したそうです。7%って、自力返済できる
   かどうかの境目、でしたよね」

芽亜「はい、ECBの買い支えにもかかわらず、危険水域に突入してしまいました。来年
   初めには国債の償還期限が到達するので、返済資金をどう工面するかが問題に
   なりますの」

ルシア「ギリシアの危機が飛び火しちゃいましたね。PIIGSの中では安定していると思われ
   てたのに」

芽亜「伊太利亜は、ベルルスコーニ首相が今年の決算法案――事実上の信任投票で否認
   された影響も大きいですわ。今後の政局が読めません。である以上、財政再建策も実行
   できるかどうか。まあ、既にIMFが監視にはいることは決まっていますので、それだけは
   安心できるかと」

ルシア「ユーロゾーンの経済力第三位に位置するイタリアが破綻したらどうなるんでしょう?」
芽亜「その時こそ本当に、ユーロが終わるときですわ。70年に及んだコミュニズムの社会
   実験に比べれば、短い期間ですんでよいのではないでしょうか?」
2011.11.10 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/529-901afa18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)