【Lucia & Theo & Mare】
ルシア(新聞紙を広げて、フィッシュ&チップスをもぐもぐ)
芽亜「あら、ルシア様も株式相場をご覧になりますの?」
ルシア「いや、私は芽亜さんじゃないから。そうじゃなくこれですよ、これ」

  『小村に中国人向けリゾート計画=「何の得が」と反発も-英』(2012年1月8日付け 時事通信)

ルシア「さすがにこのLlanfynyddスランバニズって村には行った事ありませんけど、何が悲しくて
   チャイニーズのための施設をウェールズの山野をつぶして作らないといけない
   のかという」

芽亜「それは中共からのキャピタルフライトの可能性もありますが、まともな考え方では中共
   人にリゾートに出かける余裕が生まれたということでしょう。もちろん沿海州の都市戸籍
   を持った人々だけでしょうが」

ルシア「チャイニーズだけ相手にして、商売成り立つんですか? だいたい、村の雇用者数
   だって約70人程じゃないですか」

芽亜「そこは経済学の基礎、『乗数効果』に期待するところでしょう」
ルシア「…………。だとしても、チャイニーズに我が物顔でウェールズをのし歩かれたくない」
芽亜「お気持ちお察しいたしますわ。まあ、中共のバブルが弾ければ、こんな計画は白紙に
   戻るでしょう」

ルシア「だといいんだけど……」

※1月12日追記
『英ウェールズの田舎に豪華リゾート計画、ターゲットは中国人』(2012年01月09日付けAFP通信)
2012.01.08 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/563-a1ecacb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)