【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「【1月15日】が終わろうとしています。今日は本当大変だった」
テオ「そうだね。『伯爵戦争』の生き残り、“情熱”のブリュンヒルデが異形と手を組んで、
   無血宰相トビアスを封じた影の城に抗体フェンリルをけしかけて」

芽亜「伯爵は駄目でもその部下のブリュンヒルデなら問題ないという異形の反応もよく
   分かりませんの。どちらも原初の吸血鬼でしょうに」

ルシア「抗体フェンリルの出所も謎なんですよね。とにかく、ブリュンヒルデはこの『本命』
   を確実に攻略するために幾重もの作戦を繰り出してきました」

テオ「『闇の右腕』アドルフの指揮による銀誓館学園攻略戦と、校舎内での運命予報士暗殺
   作戦、そして日本全土22都市に対する無差別虐殺作戦」

芽亜「暗殺の迎撃には、私とテオドール様が対応いたしました」

  シナリオ『【1月15日】黄昏の随に』
  シナリオ『【1月15日】狂気の楽団が少女を狙う』

ルシア「こちらは私が防衛に出向いた三重県伊勢市の状況です。私は大して活躍できな
   かったけど」


  リアシナ『【1月15日】三重県伊勢市』

ルシア「こうして全国に散らばった私たちですが、影の城襲撃を予想していた方のおかげ
   で対抗策が取れるようになりました」

テオ「神戸までの距離とか、敵の襲撃を粉砕するのに要した時間分だけ、ボクらは遅れて
   戦場に入ったんだよね」

ルシア「結果は二人揃って重傷でしたけどね」
芽亜「お二人とも、まだまだ修練が足りませんわ」
ルシア「……確かに。私はとうとう兄さんにレベル抜かされちゃったし」
テオ「これが本来あるべき姿だよ」
ルシア「む――!」
芽亜「お二人とも、大人げないですわよ」
ルシア「……はぁっ。それにしても、得るもののない戦いでした」
テオ「『トビアスの封印を守っただけ』だからね。異形は、また思わせぶりなことを呟いて
   逃げていったし」

ルシア「妖狐の言うとおり、伯爵の力で異形を滅ぼせるんでしょうか?」
テオ「それこそ、情報を集めないとどうにもならないよ。――さて、重傷組のボクらは
   もう休むけど、芽亜ちゃんはどうする」

芽亜「一人残ってもつまらないですわ。私も引きあげます。では、お休みなさいまし」
2012.01.15 Sun l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/567-903ef341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)