【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「妖狐七星将・廉貞様が、大きな議論の種を持ってこられましたの」
テオ「異形掃討を確実にするために、銀誓館と妖狐の間で休戦条約を結びたい。それとは
   別に、メガリス『封神台』が復活したら譲渡してほしい。この二点だね」

ルシア「うちはさっさとみんなで両方に賛成票入れましたけど、相談室では議論が続いて
   ますねぇ」

テオ「この先を左右する重要な案件だからね。色んな視点からの意見が聞けて、目から鱗な
   ことも沢山だよ」

ルシア「でも、妖狐とこの先も仲良くしていくことなんて出来ると思います?」
テオ「出来ないとしたら、どちらかが滅ぶまで続く殲滅戦しか残っていないよ」
芽亜「Mr.Chirdrenではありませんが、聖者も殺人鬼も共存していくしかないのがこの世界
   ですわね」

ルシア「とりあえず議論を見守りましょう」
テオ「ボクは時々嘴を挟む程度だね」
芽亜「意図的な誘導と思われないよう、私とルシア様は発言を控えましょう。それでは明日
   はシリア情勢で」

ルシア「え~?」
2012.01.28 Sat l シルバーレイン(情勢) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/573-eecf70bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)