【Lucia & Mare】
芽亜「さて今日は、昨日の予告通りシリア情勢ですの」
ルシア。oO(難しそうだなぁ)
芽亜「シリアでも、昨年の民主化運動『アラブの春』が波及して民主化要求のデモが起きた
   わけですが、バッシャール・アル=アサド大統領は軍や治安部隊を使って弾圧を続けて
   います」

ルシア「去年のリビアみたいに、欧米が介入するのは駄目なんですか?」
芽亜「国連の枠組みで言えば難しいでしょうね。安保理で拒否権を持つ露西亜が、親シリア
   ですから」

ルシア「中東における露西亜の出先機関ですか」
芽亜「それだけでなく、中共、ベネズエラ、クーバ、隣の半島の北側の地域など、反米諸国
   の一翼を担っています」

ルシア「ほとんど世界の敵じゃないですか。潰しましょう。というか、革命の成功に期待
   ですねっ」

芽亜「そう上手くいくでしょうか。シリアはアラブ随一の軍事大国でもあります」
ルシア「アラブ連盟リーグの監視団も、治安の悪化で撤収することになりましたしねぇ」
芽亜「安保理では中露の拒否権で話が進まないでしょうから、この先は欧米が離反兵組織
   『自由シリア軍』をどれだけ支援できるかにかかってくると思いますの」

ルシア「リビアでも半年かかりましたよね。泥沼の内戦にならないといいなぁ」
芽亜「とはいえ、今の政権があり続けるわけにもいきません。正念場ですの」
2012.01.29 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/574-270c7519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)