【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「昨日になりますが、日本の国策半導体メーカー『エルピーダメモリ』が会社更生法
   を申請し、正式に破綻しました」


  『エルピーダが会社更生法適用を申請、「日の丸半導体」とん挫』(2012年02月27日付け ロイター通信)

ルシア「半導体は『産業のコメ』。かつてはステイツと貿易摩擦までしたんですよね」
芽亜「それも今は昔ですの。日本の半導体企業は大型コンピュータ向けの製品に特化して
   いて、MSのWindowsによる個人向けコンピュータを視野に入れていなかったのです
   わ。その結果、サムスン電子を初めとする半島勢に価格面で消耗戦を強いられ、どう
   にもならなくなったというところです」

ルシア「これからどう立ち直っていくのか、先行きは厳しいですね」
テオ「デッドロックなのはギリシャもじゃない? 昨日ついにデフォルト認定が出たん
   でしょ?」

芽亜「デフォルトではありません。あくまで選択的デフォルト(SD)です」

  『S&P、ギリシャを選択的デフォルトに格下げ』(2012年02月28日付け ロイター通信)

芽亜「希蝋国債を長期低利の債券に強制的に交換させる集団行動条項(CAC)が法案可決
   したのが大きいですわね。なんとこれは遡及法ですの」

テオ「まあ、予定通りっちゃ予定通りなんだけどさ、問題は金融市場がどこまでの波及を
   織り込んでいるかだと思うんだよね」

ルシア「そうですねぇ。スペイン、ポルトガルも後に続くでしょうし、本丸はイタリアかな」
芽亜「いえ、最後の砦は仏蘭西かと。ここが堕ちれば、事実上、ユーロ崩壊ですわ」
テオ「さて、ドイツとしてはどう動くべきなのかな? 実際、地中海クラブクラブ・メッドは切り捨てたいんだよ。
   何でドイツの税金を余所の国に突っ込まなきゃいけないのさ」

ルシア「UKは、静かに傍観させてもらいます」
芽亜「英国はポンドを手放していませんものね」
2012.02.28 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/594-8961dd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)