【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「富士山頂で、『不滅の災い』を取り込もうとしていた“情熱の”ブリュンヒルデの
   暗躍をくじいてきました。結果、不滅さんは火口から飛び立ってどこかへ飛んで
   いきましたけどね。」


  シナリオ『【白と黒】焔獄奔逸』
  シナリオ『【お喋り鳥は災いへの糸を紡ぐ】焔ノ死線』
  シナリオ『【惑いし影幾つ】選びし道は生か死か』

テオ「おつかれさま、無事でよかったよ」
芽亜「私は最悪の事態まで想定していましたから、無事のお帰りが嬉しいですの」
テオ「それにしても、ルシアの依頼無失敗記録がまた伸びたなぁ。未だに一度も失敗して
   ないんでしょ」

ルシア「今回は三班の連携が上手くいったからですよ。私が特別なことをしたとしたら、
   三班の意見を出し合える伝言板スレを自分の結社に置いたくらいで。戦場では、
   大したことはしていません」

芽亜「使役の使者もすっかり可愛らしくなって。これなら、私も相棒にしてみたいですが、
   防具の関係上、無理ですわね」

ルシア「今回のブリュンヒルデの行動は、不滅さんを戦力にする以外にも、不滅さんを取り
   込めば日本で斃れた吸血鬼が全て蘇ることと、竜脈の力を取り込んでいた不滅さん
   を取り除くことで竜脈の活性化を引き起こすという三重の狙いがあったようです」

芽亜「『不滅の災い』は結局火口から立ち去りましたから、最後の一点は成立してしまい
   ましたわね」

テオ「竜脈のどこかから、六人のファラオが現れるかもしれないね」
芽亜「ともあれ、ルシア様はしばらくゆっくりしてくださいな」
ルシア「はい、言われなくてもそうさせてもらいますよ」
2012.03.16 Fri l シルバーレイン(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/602-2409e3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)