【Theo & Mare】
テオ「芽亜ちゃん、依頼お帰りー」
芽亜「はい、無事にナンバードを討滅して参りました」

  シナリオ『爺さんがいってたんだ、と彼は』

テオ「流石にカンスト間近。ダメージが入っても簡単には倒れないね」
芽亜「いえ、攻撃をかわせなかったあたり、私もまだまだですの。それに、カンストの天井
   も上がりましたし。残り700点を切ったときはどうしようかと思いましたわ」

テオ「メガリス『瑠璃硝子の蜘蛛』を入手出来たおかげで、学園レベルが上がったり、蜘蛛
   童が土蜘蛛や鋏角衆に成長したりしてるんだってね。あと、『鉄鎖ドローミ』と『さま
   よえる舵輪』も再入手出来たね」

芽亜「春休みがはじまったと同時に、めまぐるしいですわ。そうそう、今のうちにルシア
   様の依頼も報告しておきましょう」


  シナリオ『≪Grimoire of Lemegeton≫闇は甦る』

芽亜「元々私の結社で人数集めをして人が集まらなかったのでルシア様に譲り渡したケース
   ですの」

テオ「ルシアのところでも、最後の一人は臨時で友達に来てもらったんだよね」
芽亜「それにしても、旧ユーゴ紛争などという無茶振りを、よくMS様が引き受けてください
   ましたの」

テオ「背後の思い入れのある出来事だからねぇ、旧ユーゴの紛争は。あれがなければ、ここで
   政治経済が語られたりもしなかった」

芽亜「背後が世界に目を向けるきっかけになった出来事ですわね。まあ、私たちにはどう
   でもいいですけど」
2012.03.24 Sat l シルバーレイン(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/606-f1b8380a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)