【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「戦争の連続だったせいで、すっかり依頼の報告が滞っていましたの」
ルシア「ああ、平和って素晴らしい」
テオ「そういう状況にもかかわらず依頼に出続ける芽亜ちゃんは、よくやると思うけどね」
芽亜「褒められましたの」
ルシア「呆れられたんじゃないですか?」
芽亜「まあ、他人から何と言われようと知ったことではありません。では、報告参ります」

  シナリオ『抗いの思念』

芽亜「おそらく一家心中をした方々の残留思念から生まれた抗体地縛霊の討滅でした。こう
   いう依頼は、やりきれませんわね」


  シナリオ『墜ちる戦場』

芽亜「いわゆる100秒タイムアタック系の依頼です。沙紀様や悠様など、心強い顔ぶれが
   揃っていました。……それにしても、私は何か悠様の癇に障ることをしたのでしょうか?」


  シナリオ『涸れぬ涙』

芽亜「いじめを演じることで抗体空間が開くタイプの依頼でした。演じるだけとはいえ、
   他の方を悪く言うのはいい気持ちではありませんの」


  シナリオ『夜色に染まる博物館、絵画の中の世界へと』

芽亜「美術館に現れる地縛霊を討滅して参りました。一番謎なのは、侵入の手はずを整えて
   くださった予報士様の手際なのですが」

テオ「一気に報告、おつかれさま。経験値のためならなりふり構わずって感じ?」
芽亜「私は一度、限界の領域に立ってみたいのです」
ルシア「経験値カンストしちゃうと、むなしくなるかもしれませんよ?」
芽亜「その時どう思うかは分かりませんわ。確かに、カンスト状態で親しい方が出向かれる
   依頼が出たらどうしようとは思いますが……」

テオ「まあ、心配しなくても、カンストの天井が上がる方が早いでしょ」
2012.04.21 Sat l シルバーレイン(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/618-89830aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)