【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「今上陛下も、いろいろ考えておいでですわね」

  『両陛下が「火葬」の意向示される 宮内庁「合葬」も含め検討へ』(産経新聞 2012年04月26日付け)

芽亜「簡素にしつつも、儀礼とのバランスを考えないといけませんの。大喪の儀は、それ自体
   呪術のようなものですから」

ルシア「呪術と一体化した先進国の皇帝、というとすごい印象が。そうそう、天皇陛下さん
   は5月にエリザベス女王陛下即位60周年祝賀行事にご出席のため、UKにお越しなん
   ですよね」

芽亜「英国の女王陛下も在位が長いですわよね。政府の外交が期待できない以上、皇室外交
   で踏ん張るしかありませんの」

テオ「国王と言えば、スペインのフアン・カルロス一世陛下がアフリカで象狩りをして批判
   されてるね」

芽亜「本邦の皇族方は、魚類の分類が趣味だったりとお金のかからないご趣味でよかった
   ですの。それも、論文を発表するレベルですからね」

ルシア「さて、そのスペインですが、また大変そうですね」
芽亜「先日、S&Pに国債を二段階格下げされた(AFP通信 2012年04月27日付け)西班牙
   ですが、'11年の問題債権が60%増加し、20兆円に達する見込み(時事通信社 2012
   年04月28日)とか。ただ、ソースはAFPらしいのですが、AFP通信の日本語サイトでは
   確認できませんの。そして失業率は次のとおり、24.4%を記録しました。三橋様のお言葉
   では、大恐慌時代の合衆国に匹敵する数値だそうです」


  『スペインの第1四半期失業率は24.4%、予想以上に悪化』(ロイター通信 2012年 04月27日付け)

テオ「おお、怖い怖い」
芽亜「まるで他人事のように。独逸が緊縮財政を各国に強いているからこそのリセッション
   でしょうに」

ルシア「今の状態で、ユーロはどれだけ保つのかな? UKポンドに跳ね返ってこないか
   心配」

芽亜「USドルに波及しても面倒ですわよ。危機の連鎖、このまま西班牙を飲み込んで
   仏蘭西まで達するでしょうか……?」
2012.04.30 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/625-a865a4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)