【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「財務省が、平成23年末日の対外資産・負債残高を発表しましたの。余裕で世界一の
    座を維持ですわ」


  『訂正:11年末の対外純資産は253兆円、2年ぶり微増 大規模介入や対外貸付増で=財務省』(ロイター通信 2012年05月22日付け)

ルシア「もう、ピンと来ない数字ですけど……ポンドになおすといくらだろう?」
芽亜「日本人には日本円換算だけで十分ですの。近年、貿易収支が赤字になりつつあります
   が、この対外純資産からの配当がある限り、日本の経常収支は安泰です」

テオ「同じくロイターで、こんな記事を拾ったよ」

  『日本をA+に格下げ、見通しはネガティブ=フィッチ』(ロイター通信 2012年05月22日付け)

芽亜「フィッチがまた無駄なことを。日本国債は破綻のしようがありませんの。日本国債
   の91.8%は日本人が保有しており、しかも円建てです。これはつまり、日本国民が
   日本国政府に資金を貸し付けている状態であって、日本人は生まれながらに借金を
   背負っているのではなく、債権を背負っていると認識しなければなりません。円建て
   について言えば、政府が日本銀行に紙幣を刷るよう命令したらそれで終わりです」

ルシア「相変わらずドラスティックですねぇ」
芽亜「いい加減、国の借金云々も聞き飽きましたので。政府に徴税権と紙幣発行能力がある
   限り、格付け機関が破綻を煽ろうが実際は小揺るぎもしませんわ」

ルシア「余裕ですね」
芽亜「もちろん、紙幣発行能力にも限界はあります。インフレーションに突入したら、今度
   は市場からお金を回収しなければなりません。もっともデフレ下の今日の日本では、
   少々のインフレになった方がいいのです。その点、ECBというか独逸は病的な
   までに神経質ですわよね」

テオ「WWI のあとのハイパーインフレがトラウマだからね。ギリシャやスペインが潰れ
   ようが、緊縮財政を推し進めるのみ」

芽亜「ですが先日のNWFノルトライン・ヴェストファーレン州議会選挙で、与党CDUは惨敗したではありま
   せんか。メルケル首相の盟友サルコジ氏も退場し、新たに現れた大統領オランド氏は
   成長に舵を切るつもりですわよ」

テオ「世界経済はドラクマゲドンを折り込み始めてるし、カタストロフが起きたら、それ
   こそ日本円に資産が逃げ込むんだよね」

芽亜「国が強すぎるのも善し悪しですわ」
2012.05.22 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/643-493d44bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)