【Lucia & Mare】
芽亜「マスメディアの流す方向は、見出し一つで大きく印象を買えるものですけれど、今日
   は比較的無害な話題を例に取ってみましょう。英国人お好みの、天気のお話です」

ルシア「……どこの国でも、天気の話題は好まれると思うんだけどなぁ」
芽亜「教材はこの記事です。見出しからは、どういうことを想像されますか?」

  『梅雨明け:沖縄で昨年より14日遅く』(毎日新聞 2012年06月23日付け)

ルシア「え? えっと、今年の梅雨は明けるのが遅かったんだなぁと」
芽亜「ところが、記事を読むと、梅雨明けは『平年並み』だと分かります。まあ、梅雨入りが
   早かったので、結果的に梅雨が長かったとは言えますが、こういう表現は不適切かと」

ルシア「むぅ……」
芽亜「大事なことは、データの確認と相対化です。梅雨明けの記事くらいなら実害はありま
   せんが、こういう誤誘導を招きかねない見出しを政治や経済の記事でやられたらかない
   ません」

ルシア「芽亜さん、神経質ですよ」
芽亜「何をおっしゃいますか。今は政局が緊迫している時期。誰がどんな思惑で情報を
   リークしメディアがどう歪めるか。注意しすぎてしすぎることはありませんの」
2012.06.23 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/657-9d6101ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)