【Lucia & Mare】
ルシア「昨日、我らが女王陛下が、即位六十周年で訪れた北アイルランドで、元アイル
   ランド共和軍(IRA)指揮官でいまは北アイルランド自治政府副首相のマーティン・
   マクギネス氏と握手を交わしました」


  『英女王と元IRA司令官が歴史的握手、北アイルランド和解の象徴』(AFP通信 2012年06月28日)

芽亜「和平のプロセスも、ようやくここまで来たといった感じですわね」
ルシア「はい。うちはウェールズだったから、北アイルランドやスコットランドほど独立
   心は強くないけど、イングランドはやっぱり別の国です。帰属の変更を求めて
   蜂起する気持ちも分かるし、逆にGBグレートブリテンの解体も避けたいとも思います」

芽亜「“連合王国”だけあって、内部事情は複雑ですわね。欧連の政治統合の先行例の
   ようにも思えますけど」

ルシア「国民国家が主権を集約するのは十年やそこらじゃできませんよ。UKだって
   ノルマンコンクエストから、長い時間をかけて複雑な連立方程式を解きほぐして、
   今に至ってるんです」

芽亜「それにしても、殺したものと殺されたものが笑顔で握手できるようになるまで
   三十年ですか。完全な和解には一世代かかりますわね。その間、欧連はどう
   なっているか。経済に続いて政治も統合するのか否か。欧連はあくまで欧州
   諸国が連合しているだけのこと。各国がそう易々と政治統合に向かうとも思え
   ませんけど」

ルシア「うーん、ユーロが崩壊しようとしている今、政治統合なんて言っていられる
   状況じゃないでしょう。まずは経済危機の封じ込めに全力です」
2012.06.28 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/659-1b69c4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)