【Lucia & Mare】
ルシア「LIBOR――ロンドン銀行間取引金利を不正に操作して、低い金利で資金調達
   しようとしたバークレイズ銀行が、会長とCEOの辞任と4億23百万ドルの罰金支払
   を受け入れました」

芽亜「バークレイズと言えば、ザ・シティの顔。しかもシティグループやUBS、
   RBSロイヤルバンク・オブ・スコットランドにも捜査の手は伸びているとか」


  『LIBOR、次はどこかが焦点-長期化で当局は時間との闘い』(ブルームバーグ 2012年07月03日付け)

ルシア「これまでは、USAのCDS破綻や欧州債務危機も他人事で見ていられたん
   ですけども、今回ばかりはいけません」

芽亜「紐育ニューヨークと並ぶ金融の中心地倫敦の信用が崩れたら、また世界経済が青息
   吐息ですわよ」

ルシア「ともかく今は、膿を出し切って信用を取り戻すこと。強欲な銀行には、相応
   の報いを与えるべきです」
2012.07.03 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/663-a9ee024e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)