【Lucia & Mare】
芽亜「西班牙が付加価値税(VAT=消費税)を18%から21%に引きあげるそうです」

  『スペインが追加緊縮策を発表、事実上EU監視下との見方も』(ロイター通信 2012年07月12日付け)

ルシア「あれ? エスパーニャってリセッションに入ってませんでした? 不況の時
   に消費税増税?」

芽亜「はい、'97年の橋本内閣がやったことと同じですの。不況時に増税→民間の投資
   需要縮小→税収減→政府の財政悪化→また増税へ。このプロセスに入ったとみて
   いいでしょう」

ルシア「デフレ対策を打とうにも、エスパーニャには独自に通貨を発行する権限がない
   ですしね」

芽亜「はい、その権限を握っているのは欧州中央銀行(ECB)ですの」
ルシア「政府最終支出(公共事業の実施、公務員の増員など)を増やそうにも、政府
   にそんな予算はなく、国債金利は危険水域の7%前後をさまよっている……」

芽亜「国債利回りは伊太利亜も危ないですわ」

  『伊首相、ユーロ圏救済基金による国債買い入れ要請する可能性示唆』(ロイター通信 2012年07月11日付け)

芽亜「記事では、国債の買い上げをお願いする相手がESMかEFSFかはっきりしま
   せん。まあ、前者はまだ発足していないはずですが。ECBに買い上げてもらう
   つもりでしょうか? しかしこういう発言は、自国だけではやっていけませんという
   ギブアップ宣言ですのに。どうするつもりですかしら?」

ルシア「ドイツは強硬にユーロ共同債や財政危険国の国債買い入れを拒否しています
   よね?」

芽亜「今まではそうでした。ただ、仏蘭西のオランド大統領は地中海クラブクラブ・メッドに付いた
   様子。南欧対北欧の戦いが見られると思いますわ」

ルシア「LIBORの問題だけで頭痛いんだから、余計な火種を増やさないでほしい
   ですよ」
2012.07.12 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/666-1603ff13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)